このブログを検索

2016年3月29日火曜日

新入社員を迎えるために。

自分が新入社員の頃を思い出してみて下さい。
見るもの聞くもの出会う人、全てが新しいことばかりでした。
そんなことを思い出すと、今目の前にいる新入社員にどんな接し方をしたら不安を軽くし、新人ならではの輝きを引き出せるか、想像できるのではないでしょうか。

新入社員は、右も左もわからず、何から始めるのかもわからずに緊張していると思います。
職場の先輩として積極的に声かけをしてあげましょう。先輩の声かけで緊張がほぐれれば、いずれ自分から声を出したり考えたりできるようになると思います。
自分で考えて行動するのが社会人ではありますが、いきなり突き放しては、育つものも育ちません。
新入社員に力を発揮させるためには、心を開くところから始めましょう。
心が通じたら、社会人としての心得を一つずつ教えてあげましょう。

新入社員はやる気と不安で心がいっぱいです。かつて自分がしてもらってうれしかったことを、次の世代にすることで居心地の良い場所にすることができると思います。



ジェノスグループ株式会社

取締役総務部長 田邉英雄

0 件のコメント:

コメントを投稿